Blue Flower

2012年以前、日本は長年のデフレに苦しみ「失われた20年」を経験しました。安倍晋三首相の就任以来、大胆な金融緩和と機動的な財政出動、民間活力を引き出す成長戦略の「3本の矢」を掲げるアベノミクスにより、円安・株高が生じ、企業業績は回復、雇用の大幅な改善を達成しました。今注目される日本企業への投資の方法について見ていきましょう。

 

日本の個別株を購入する

日本に投資する一般的な方法は、日本企業が所有する個別株を購入する方法です。個別株のポートフォリオ構築には、投資するそれぞれの企業に関する調査が重要で、多様化のために複数の個別株を購入する必要があります。また、株の売買の際に発生するコミッションを支払う必要があります。

 

日本の投資信託

複数の投資家から集められた資金で運用会社に属するファンドマネージャー、ポートフォリオマネージャーが、株式や債券、金融資産、不動産などに投資するよう運用指図し、運用成果を投資家に還元する金融商品です。

 

パッシブ運用とアクティブ運用

投資信託はパッシブまたはアクティブに運用することができます。パッシブ運用は、市場の指数やポートフォリオに追従する投資戦略で、ポートフォリオ売買回転率が低い、運用管理費用が低い、といったメリットがあります。一方のアクティブ運用は、投資のインデックスを上回ることを目標に、具体的な投資を行うことでポートフォリオを管理する投資戦略です。

 

日本国内での運用の重要性

日本の言語や企業文化は、海外の投資家にとって謎が多く独特の印象があります。そのため、日本への投資で成功するためには、日本国内で運用する責任者を置き、日本企業を理解するための調査を進めることが重要です。

 

ビデオゲーム出版への度

カプコンは、ビデオゲーム出版市場における主要ブランドのひとつです。ビデオゲーム出版の分野では最も古く、最も成功している企業の一つです。代表作には「ストリートファイター」「バイオハザード」「ロックマン」などがあります。同社のゲームのほとんどは、ゲーム業界の牽引役となっています。

同社は、携帯型ゲーム機とアーケードゲームの分野でゲームを開発しています。また、2005年にはモバイルゲーム市場への参入を開始しました。この市場に参入した理由は、テクノロジーが急速に普及しているため、これらの企業のカバー範囲が広がり、急速に成長しているためです。

PDA(モバイル端末)やスマートフォンのゲーム市場に参入するというミッションをサポートするために、2006年にカナダのCosmic infinity社を買収しました。同社は、日本国内で広くゲームセンターを展開しています。また、欧州や米国でもビデオゲーム機を販売しています。

会社の夢と展望

カプコンは、「エンタテインメント文化の創造者」を基本理念としています。これまでにない高水準のゲームエンタテインメントを提供することを夢見ています。人々を魅了する創造性豊かなソフトウェアコンテンツを開発することで、この文化を実現することを目指しています。

また、この会社は、株主、従業員、顧客との関係を強化するという経営目標と展望を持っています。関係強化の理由は、需要への充足を可能にし、豊かな利点をもたらすからです。

カプコンは beat ‘em up(敵をやっつけろ)というジャンルで国際的なゲーム市場に参入しました。しかし、同社は長年にわたって新しいゲームのフランチャイズ化の開発に注力してきました。ソニーのプレイステーションが発売されたことで、まったく新しいタイプのゲームを開発するための技術基盤が整ったのです。

1995年に発売された「バイオハザード」は、サバイバルホラーという全く新しいジャンルを提供し、同社は瞬く間に世界的な成功を収めました。このゲームは、大人の観客をターゲットにしており、同社への長期的な投資の始まりとなりました。