Blue Flower

日本で会社を売却するには、ファイナンシャルアドバイザーやビジネスブローカーのサービスに頼ることをおすすめします。ここでは、会社を売却する際の5つのポイントを見てみましょう。

 

① 売却のタイミング

かつて会社の売買が盛んだった業界でも、社会情勢や規制により買手が見つかりにくくなっているという場合があります。また、会社の業績や社長の体調によって企業価値は変化します。自社の状況を把握し、売却のタイミングを検討しましょう。

 

② 専門家への相談

ビジネスの売却に際しては、経営的・法律的視点から様々なポイントを一つずつ確認していく必要があります。ファイナンシャルアドバイザーやビジネスブローカーなどの専門家に依頼し、正確・確実に進めましょう。

   

③ 売却に関する情報の管理

競合他社、従業員および顧客がビジネスの売却を間違った時期や方法で把握してしまった場合、様々な理由で損害を被ることがあります。専門家に相談しながら、会社の売却における行動を具体的かつ段取り良く計画し、ビジネスへの影響を最小限にすることが重要です。

 

④    資料作成

相談する専門家の相談先が決まったら、提案資料を作成しましょう。売却手続きの流れや方法、条件などをまとめ、売却先への提案資料を用意し、自社の価格や価値、強みや弱みなどを検討しましょう。

 

⑤    感情的のコントロール

会社を売却は、売却価格の交渉が期待通りに進まない、従業員との交渉難航など、プロセス全体を通して感情的になりやすい要素を含んでいます。感情に左右されることで売却プロセスを妨げ、損害を被る可能性もありますので、冷静かつ客観的になりましょう。

 

他のゲームでの特別なキャラクター

このゲームに登場するキャラクターは、以下のように他のゲームでも様々な役割を担っています。

想鐘サキ

「クラッシュ・オブ・スーパーヒーローズ」では、スーパーヘルパーのキャラクターとして想鐘サキが登場します。主な武器はマシンガンですが、重いために体の動きが制限されます。

「アルティメットオールスターズ」では、サキは銃にも、人を守ることにも興味を示さない遊び心のあるキャラクターとして描かれています。

「クロスジェネレーション・オブ・ヒーローズ」では、春麗、モリガン、ドロンジョ、白鳥のジュンといった女性キャラクターたちとお茶をしながらエンディングを迎えます。お茶を飲みながら、サキは自分の興味のある世界を説明し始めます。しかし、他の女の子たちは彼女のメカニックに関する話を理解していないため、ずっと訳も分からず何も知らないままです。

「アルティメットオールスターズ」では、サキは次元をねじ曲げるという大きな役割を担っています。サキは、自分が戦っている理由が、自分が作った友達を守るためであることに気づくのです。このゲームでサキは、あまりにも過保護なキャラクターを演じています。悟ったサキは、暴れまわるハウザーから街と人々を守るために戦闘準備に入ります。

「アルティメット・マーベルvsカプコン3」には登場しませんが、ジル・ヴァレンタインの代わる代わるの色は彼女をモチーフにしています。

「ネオジオポケットカラー」のゲーム「カードファイターズ クラッシュ」では、サキはカプコンのキャラクターカード「C119」として登場しています。このゲームでは、彼女は「スタンドバイ」というユニークな能力を持っています。このユニークな能力は、彼女がプレイフィールドに入ると発動されます。

プレイヤーは、自分の台からカードを選び、残りをシャッフルすることができます。シャッフルでは、プレイヤーは選んだカードをデッキの一番上に置きます。このカードは次のラウンドで引かれます。

Linz

Linzは、A42のアクションカードゲーム「Pester」に登場します。このゲームでは、プレイヤーは相手の積みあがった札を3枚、自分の他の札と一緒にプレイできなくなったカードを置くことができます。