Blue Flower

日本では、国内外からの新規事業の立ち上げがこれまで以上に求められています。ビジネス旅行客だけでなく、確立された企業間のパートナーシップをより一層高め、日本におけるスタートアップシーンで企業間関係を築くことが目標となっています。しかしながら、日本に拠点を置く企業には、独特の社会的マナーや交流およびビジネス体制が求められます。日本の文化に根付いた習慣も多く存在しますので、日本文化に馴染みがない人々にとっては非常に難しく、混乱を招く場合があります。 そのため、日本と海外の商談における類似点、相違点を事前に確認し、準備しておくことが大切です。

 

日本における基本的なビジネスマナーを下記にてご紹介します。

 

1. 事前に名刺を用意する

名刺を交換する際は、両手で行いましょう。また、自分の名刺が相手の名刺よりも下を通るようにしましょう。交換した相手の名刺は、腰よりも高い位置で持ちましょう。

 

2. 日本語で自己紹介する

簡単な挨拶だけでも、日本語で行えると相手に好印象を与えます。

 

3. 控えめにふるまう

日本では諸外国に比べ、ビジネスシーンにおける握手の習慣は定着していません。初対面や名刺交換の際は、軽く会釈しましょう。

 

4. コンパクトなスリッパを持参する

下足を脱いで訪問するような場所では、携帯用のスリッパを持参すると好印象です。また、室外の地面に置くビジネス鞄を屋内に置くことはマナー違反ですので、ハンカチなどを持参し、鞄を置く際に下に敷くようにしましょう。

 

5. 時間通りに到着する(前もって到着する)

 日本の企業において時間を守ることは最重要事項です。余裕を持って到着するようにしましょう。ただ、約束よりも早すぎる時間に訪問することもマナー違反です。早く到着した場合は、約束の時間の5分前までは訪問せずに待ちましょう。

 

妖精

彼女は、ゲームの最初に筋書きを説明してくれる妖精です。彼女の質問に正しく答えることで、選択した女の子のわずかな断片と簡単な説明をしてくれます。彼女はとても楽観的な性格で、世界を救うためにプレイヤーを励ましてくれます。

キャラクターの名前の歴史

このゲームのアーケード版では、メインとなる7人のキャラクターは、ゲームに協賛していた日本のお菓子会社の名前が付けられていました。しかし、数年後にはキャラクターの名前が変更されました。

アーケード版の旧名称が優先され、その後、家庭用ゲーム機版の旧名称が優先されます。これは主にライセンスの問題によるものです。

キャラクターの声

森永めぐみの声は、家庭用ゲーム機では川村万梨阿さん、アーケードゲームでは白鳥由里さんが担当しました。

江崎久美子の声は、アーケード版では根谷美智子さん、コンソール版では荒木香恵さんが担当しました。

不二家桃子の声は倉田雅代さん、鐘紡サキの声は根谷美智子さんが担当しました。ミチコは、どこか特別な存在に見える16歳の少女。その正体は、国際的な地球防衛軍の一員です。